アフィリエイト不正で裁判に発展!?アフィリエイターの注意点とは?

アフィリエイトサイトは、消費者に有益な情報を掲載するサイトのことをいいます。しかし、広告主から依頼されて、売上を伸ばすために誇大表現や虚偽表示をしているサイトも多いです。このような不正行為は増えてきており、問題あるサイトに関してはブラックリスト化していくことが、日本アフィリエイト協議会で決まりました。

また、誇大広告や虚偽表示で騙された消費者から訴えられて、裁判に発展した事例もあります。そのため、アフィリエイターは正しい知識を持って、サイト運営を行いましょう。ここでは、アフィリエイトサイトを運営する際の注意点をご紹介します。

悪質なアフィリエイターは排除される時代へ

日本アフィリエイト協議会では、不正行為をしたアフィリエイターを排除しています。不正行為とは「詐欺罪」「景品表示法違反」「不正競争防止法違反」に該当する行為です。該当した場合は、ブラックリストに個人情報が掲載されてしまうので、アフィリエイトサイトを運営する場合は、不正行為に該当することをしていないかを良く確認しましょう。

補足:匿名性だからと安心してはいけない

アフィエイトサイトに個人情報を掲載していないからと不正行為をする人もいますが、ドメイン情報で特定されてしまいます。不正行為は必ずバレてしまうため、匿名性だからと安心しないようにしましょう。

裁判沙汰を防止!アフィリエイトの注意点

アフィリエイト不正によるトラブルが続出していることから、不正行為をしたアフィリエイターを排除する取り組みが始まっています。正しい知識を持たずにサイト運営すると、裁判に発展する危険性があります。このようなトラブルを未然に防ぐためにも、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、サイト運営の注意点について分かりやすく解説します。

誇大な表現は控える

アフィエイトサイトを運営する際は誇大広告に注意しなければいけません。誇大広告とは、「100%」「絶対」「必ず」の言葉の使用などが該当します。また、アンケート調査をしていないにも関わらず、ランキング形式で表示する行為も誇大広告に該当するので注意しなければいけません。

また、悪質になると、知名度の高い企業の商標を悪用して、知名度の高い企業より広告商品が良いと謳いながら消費者を誘導する行為もあります。このような行為は、景品表示法違反と不正競争防止法違反に該当するため、注意しなければいけません。

虚偽の表示はしない

アフィリエイトサイトを運営する際は、虚偽の表示をしてはいけません。虚偽表示で良くある事例は、商品を購入した経験がないのにレビューを書くというものです。このような虚偽の表示は、景品表示法違反に該当するだけではなく、詐欺罪も問われます。

著作権の侵害に気をつける

アフィリエイトサイト運営では、著作権侵害のトラブルが多いです。インターネット上で良い素材を見つけたので使用したら、著作権侵害に該当していたなどが良くある話です。近頃は、無料で素材を提供するサイトが多く登場しています。これらのサイトを利用する場合は、利用規約を良く確認してから、素材をダウンロードするようにしましょう。

裁判に発展!アフィリエイト不正で問われる罪

誇大広告や虚偽表示、著作権の侵害をすると、どのような罪に問われるのでしょうか?ここでは、アフィリエイト不正で問われる罪をご紹介します。

詐欺罪

アフィリエイトサイトで虚偽の事実を伝えて、消費者を騙して商品を購入させた場合は、詐欺罪に該当します。詐欺罪は、詐欺をした本人だけではなく、詐欺行為を手助けした人も問われるのでアフィリエイターも注意しなければいけません。

景品表示法違反

景品表示法は「品質」「内容」「価格」の虚偽表示を厳しく規制するための法律です。消費者はサイト情報を参考にして商品を購入します。そのため、誇大広告や虚偽表示がされているサイトを利用すると、消費者は不利益を被る恐れが出てくるのです。このような不利益が生じないように、景品表示法があります。

不正競争防止法違反

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争を保護するための法律です。例えば、競合商品よりも優れていることを消費者に伝えたいために、比較表を作成して優位に見せる行為も不正競争防止法に違反する可能性があります。

アフィリエイトサイトでは、紹介する商品を他社と比較することは良くありますが、不正競争防止法に違反しないかを良く確かめましょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトサイト運営の違反行為について解説しました。近頃はアフィリエイトの不正による裁判も増えてきています。広告主から依頼された通りに運営していただけでも、詐欺に加担していたと罰則を受けることも少なくありません。そのため、アフィリエイトサイトを運営する場合は、正しい知識を持った上で運営を行っていくように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です