アフェリエイト広告運用の工夫!成果を出すための3つのポイント

アフィリエイト広告運用は、成果報酬ベースのため利用する企業が増えています。実際に、アフィリエイト広告運用で売上を伸ばす企業が存在する一方で、不正注文などに悩む企業も存在します。

なぜ、このような違いが出てくるのでしょうか?実際に、アフィリエイト広告運用で売上を伸ばすには、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、アフィリエイト広告運用の工夫点についてご紹介します。ぜひ、アフィリエイト広告運用を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

アフェリエイト広告運用の3つの工夫

アフィリエイト広告運用で売上を伸ばすためには工夫をしなければいけません。実際に、どのような工夫をすれば良いのでしょうか?ここでは、アフィリエイト広告運用の工夫点をご紹介します。

1.ASP(提携先)は慎重に選ぶ

国内には、数多くのASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が存在します。登録しているアフィリエイターが重複することもありますが、ASPで得意なカテゴリーや特徴が異なります。そのため、自社商材に見合ったASPと提携することが大切です。

提携先のASPを選ぶ際に成果報酬の安さで選ぶ人もいますが、それでは成果が得られないでしょう。宣伝広告費を安く抑えたい気持ちも分かりますが、各アフィリエイターとコミュニケーションが取れるか、自由度の高さを基準に選んでください。

2.貢献度の高いアフィリエイターを大切にする

アフィリエイト広告運用で成果を得るためには、定期的な広告運用の見直しが必要です。購買に繋がっているかを確認した上で、貢献度の高いアフィリエイターに対しては、より多くのリソースを投下しましょう。限られた予算を、どのように配分していくか検討していくことが大切です。

3.キャンペーン情報などを共有する

アフィリエイターに積極的に宣伝活動してもらうためにも、自社商品の魅力を共有しましょう。購入者と同様で、アフィリエイターも商品に飽きてしまうことがあります。飽きられてしまうと、宣伝に力を注いでもらえません。そのため、他社と比較した自社製品の魅力やキャンペーン情報は共有するようにしましょう。

アフィリエイトを工夫する上で理解したいサイトの種類

アフィリエイト広告運用を利用する上で理解したいことは、サイト種類別のメリット・デメリットです。アフィリエイトサイトは、(1)ポイントバックサイト(2)法人サイト(3)個人サイトに分類できます。これらのサイトの違いを良く理解しておきましょう。

1.ポイントバックサイト

ポイントバックサイトとは「資料請求」や「商品購入」をした人に対して、ポイント還元しているサイトのことをいいます。大手企業が運営しているため、多くの会員が登録しており、圧倒的な集客力を誇ります。

しかし、ポイント還元を目当てにする不正注文も多いため注意しなければいけません。また、月額固定費の支払いをしなければいけないサイトもあるため、不明なことは担当者に質問してから契約するようにしましょう。

2.法人サイト

法人サイトは個人サイトと比較すると資金力があります。そのため、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンが提供している広告を利用して集客してくれます。しかし、広告運用を任せ切りにしてしまうと、自社サイトで上位表示されているにも関わらず、法人サイトが上位表示されてしまっているという事態になりかねません。

そのため、法人サイトを利用する場合は、相談しあえるパートナー選びが重要となります。

3.個人サイト

個人サイトは集客力が弱いですが、エンドユーザー目線の口コミ投稿などで、信憑性のある情報を配信してもらえます。個人サイトを上手に活用すれば、商品購入の問い合わせを増やすことができるでしょう。

しかし、個人のアフィリエイターは法律違反を起こすと問題視もされているため、定期的にパトロールする必要があります。

まとめ

アフィリエイト広告運用で売上を伸ばすためには、提携先ASPを慎重に選ばなければいけません。また、各サイトの特徴を理解した上で自社商材に見合ったものを選びましょう。また、広告運用を開始した後は定期的に見直して、売上に貢献してくれるアフィリエイターに多くのリソースを投下することが大切です。

中には、ポイント還元目当ての問い合わせやルール違反を起こすアフィリエイターも存在するので注意してください。そのため、不正注目検知システムを導入して、不正行為対策をしておきましょう。このような対策をしておけば、アフィリエイト広告で被害を受けることはなく、安心してアフィリエイト広告運用が行えます。

不正注文検知サービス「at score」はアフィリエイト広告運用と相性が良いシステムです。ぜひ、アフィリエイト広告運用を検討されている方はシステムを導入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です