アフィリエイト不正対策を検知できる「不正検知システム」とは

商品購買促進のため、アフィリエイト広告運用を実施する企業は増えています。矢野経済研究所の調査結果「国内のアフィリエイト市場調査」でも、2018年度は2,881億円の市場規模は、2023年度には4,654億円まで拡大すると予測されているのです。この調査結果からも、多くの企業がアフィリエイト広告を利用していることが伺えます。

不正対策したい!アフィリエイト広告運用の課題

ECサイト運営でアフィリエイト広告を利用する企業も増えていますが、アフィリエイト広告は不正手口が行われることが多く、自社内で適切に運用していかなければいけません。実際に、アフィリエイトにはどのような課題があるのでしょうか?ここではアフィリエイトの課題をご紹介します。

アフィリエイト不正手口の監視が必要

アフィリエイト報酬を狙う不正注文が増えています。お問い合わせを増やす目的で、誇大広告や不当表示防止法に該当する広告を流すアフィリエイターや、第三者の住所を利用したなりすましによる不正注文に手を染めるアフィリエイターもいます。

このような不正注文が増加すると、配送手数料やアフィリエイト報酬の支払いなど負担だけがかかります。そのため、定期的に広告のパトロールをしたり、ASPやアフィリエイターとコミュニケーションを図る必要があります。

アフィリエイト広告運用の知識が必要

アフィリエイト広告運用は、提携先ASPに任せれば良いと思っている方もいますが、自社で正しい知識を持っておかなければ、期待する効果が見込めません。さまざまなASPが存在するため、正しい知識を持って提携先を選ぶ必要があります。そのため、アフィリエイト広告で売上を伸ばしたい方は、アフィリエイトに関する正しい知識を身に付けておきましょう。

アフィリエイトの法律に関しては「アフィリエイト広告を利用する前に抑えたい!不正行為と法律違反」、アフィリエイト広告運用のコツに関しては「EC販売事業者は必見!アフィリエイト注文キャンセルの防止対策方法」をご覧ください。

補足:「日本アフィリエイト協議会」が誕生

アフィリエイトは完全成果報酬型のため、報酬目的で、誇大広告や不当表示防止法に該当する広告など不正手口を行うアフィリエイターも増えてきました。このような不正手口を行うアフィリエイターを取り締まるために、日本アフィリエイト協議会が誕生されたのです。

日本アフィリエイト協議会についての詳細情報に関しては「市場規模は4,654億円!アフィリエイト広告の不正注文の対策方法」をご覧ください。

アフィリエイト不正対策!不正検知システムの魅力

アフィリエイト広告運用を利用する上で不正注文の課題が挙げられますが、その課題を解決できるのが不正検知システムです。ここでは、不正検知システムの魅力をご紹介します。

アフィリエイト不正手口を検知

アフィリエイト報酬を狙った第三者のなりすまし行為は、住所や氏名などの個人情報を少しずつ変えて複数の人物を装って注文しています。不正検知システムでは、このような同一人物の注文をまとめて検知。不正注文をしている人物を特定して見逃しません。

独自審査ルールによる不正注文を検知

不正検知システムは、数多くの企業に導入して頂いています。導入実績で蓄積したネガティブ情報を審査に活用しているため、不正傾向や手法を審査ルールに反映。そのため、巧妙な不正手口も自動で検知します。

また、不正注文があった端末情報、電話番号なども情報で保存しており、これらのデータを活用して審査を行っています。そのため、ECサイト運営を始めたばかりで与信業務のノウハウがない方でも活用できるシステムです。

カゴ落ちリスクなど発生しません

不正検知システムを導入するために、ECサイトの購入画面に新規で項目を追加しなければいけないなどの必要はありません。通常通り、ECサイトを運営できます。そのため、不正検知システムを導入することによるカゴ落ちリスクの心配はありません。通常通り、ECサイトを運営できます。

最長1ヵ月の無料トライアルを提供

不正検知システムを1週間導入しても正当な評価は出にくいです。不正注文や不正手口などの対策が行えているか、与信精度が高いシステムであるか判断できるためには、1ヵ月程度かかるでしょう。そのようなお客様の悩みを解決するために、「不正検知システムatscore」は1ヵ月の無料トライアルを実施しています。ぜひ、無料でAI与信エンジンを体験してみてください。

まとめ

今回は、アフィリエイト広告運用で問題となる不正注文を検知できる不正検知システムの魅力について紹介しました。不正注文や不正手口を検知すれば、返品手続きを減らすことができ、不正手口を犯したアフィリエイターに対して報酬を支払う必要もなくなります。

また、不正注文を検知できれば、アフィリエイト広告運用が見直せて、自社商品の売上に貢献してくれるアフィリエイターに報酬を投下できるようになるでしょう。その結果、アフィリエイト広告運用で売上を伸ばしていくことができるのです。

このように、不正検知システムは多くのメリットがあるため、ぜひ、ECサイト運営をしている方は、これを機会に不正検知システムatscoreの導入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です