不正注文を防止するための与信管理はAI技術で自動化する時代へ

ECサイト運営を行う上で、与信管理は必要です。自社の利益を守るためや、資金繰りを整えるために必要です。また、近頃では不正注文も検知できるようになりました。

AI技術を活用した与信審査の自動化で、健全なECサイト運営が実現できるのです。ここでは、ECサイト運営者が知っておきたい「与信管理」について分かりやすく解説します。

不正注文を防止する与信管理とは

ECサイト運営でも与信管理が必要になりますが、そもそも「与信管理」とは何なのでしょうか?まずは、与信管理について分かりやすく解説します。

与信とは

与信とは、商取引において取引相手に信用を供与することをいいます。ECサイトでは、商品を先に渡して、商品代金を後で回収することもあるでしょう。このように、商品代金を回収するまで、相手に信用を与えることを「与信」といいます。

与信管理とは

与信管理とは、顧客情報を収集・分析して顧客の信用力や動向を予測することをいいます。与信管理で得られた情報を参考にして、取引額を調整することで損失を抑えることができます。また、販売代金の回収率を上げる目的として与信管理が必要です。

与信管理の必要性

利益を守るため

顧客から売上代金を回収できなければ、企業は利益を損ないます。ECサイトでは商品発送後に請求金を支払ってもらう機会が多いです。しかし、請求金を必ず支払ってもらえる保証はありません。

回収できない場合は、損失を計上しなくてはいけません。このような問題を回避するために与信管理を行います。資金繰りの計画を整えるため

顧客からの入金遅延や売上の未回収が起きると、資金繰りの計画が狂います。資金繰りが計画通りにならなければ、仕入れや経費を払えずに、倒産してしまう危険性もあるのです。このような事態を避けるためにも与信管理を行う必要があります。

企業信用力を守るため

与信管理が行えなければ、企業信用力が落ちます。与信管理が行えない企業という印象を与えてしまうと、金融機関からの借入額や、仕入先からの売掛金限度額が減ります。企業信用力を守るためにも与信管理が必要です。

不正注文を防止する与信管理の方法

ECサイト運営する上で与信管理の大切さは理解して頂けたと思います。実際に、与信管理はどのように行うものなのでしょうか?ここでは、与信管理の方法をご紹介します。

与信調査をする

ECサイト運営では、顧客情報が蓄積されていきます。この蓄積されたデータの分析を行って、与信調査をします。住所やIPアドレス、個体識別番号、捨てアドではないかを解析していくと同時に、過去にブラックリストになった顧客ではないかを確認していきましょう。

信用に足りると判断した顧客に対して、商品発送の手続きを行います。

取引後も情報管理する

過去の取引実績から信用に値する顧客と判断できても、安心してはいけません。個人信用力は簡単に崩れてしまうため、毎回チェックしていく必要があります。

そして、請求金額を振り込まないなどトラブルが起きたときは与信枠を見直していかなければいけません。常に更新し続けることで、ECサイト運営の健全化ができます。

補足:与信情報は更新し続けていくことが大切

与信情報は更新し続けていくことが大切です。ECサイト運営者は、お問い合わせしてくれた顧客に対して与信管理を都度していくことが大切です。与信管理を徹底することで、利益と企業信用力を守ることができます。また、資金繰りが上手く回らないというようなトラブルも避けられるでしょう。

AI技術で与信審査を自動化する方法

ECサイト運営で与信管理をする方法について理解して頂けたと思いますが、想像以上に労力がかかると不安に感じた方もいるのではないでしょうか?しかし、AI技術を活用して与信審査を自動化できるようになりました。ここでは、AI技術で与信審査を自動管理する方法をご紹介します。

AIによる与信審査のメカニズム

ECサイト運営では、大量の顧客情報が蓄積されていきます。大量のデータを解析することを得意としているのがAI技術です。顧客の信用力を審査して、売上金未回収となるであろう顧客情報を識別します。このようなAI技術を活用した与信審査をすれば、与信審査の大幅な省力化が実現できます。

AIは、日本独自の複雑な表記も文書校正技術を駆使することで判断できるため、住所入力が正しいかどうかも判断が可能です。そのため、不正注文を防止することができます。

与信精度高度化に求められるAI審査

AIを活用した与信精度高度化の実証実験は、金融機関でも実施されており、取引情報の評価ロジックを最適に成功しています。

SMBCコンシューマーファイナンスでは、AI技術を活用した審査業務の高度化・省人化に成功。このようなAI技術は商取引で使われていき、ECサイト運営にも欠かせないものとなってきています。

AI与信審査をすることで得られる効果

ECサイト運営でAI与信審査を導入すれば、信用力の低い顧客の情報を検知できます。商品発送前に検知できるため、売上未回収などのトラブルが避けられます。そのため、商品を発送したけれど、請求金額が振り込まれないなど売上回収トラブルを避けられます。

近年では、不正注文の被害も相次いでおり、このような注文もAI与信審査で発見することが可能です。そのため、健全なECサイト運営にAI与信審査は欠かせません。

AI与信審査で不正注文を防止した成功事例

プレミアムコスメ社は、ECサイト上で不可解な動きを発見。1日だけセッション数が急激に上がることがあり、その際に数百件の注文が入りました。その原因を解明していくと、自社商品が転売に欠けられていたことが判明したのです。

この問題を解決するために、不正注文検知システム「at score」を導入。住所や電話番号の入力判定だけではなく、IP解析で過去の注文データとも擦り合わせることができ、繰り返される不正注文を防止することに成功しました。

個人の信用力を審査することと同時に、不正注文の可能性がないかを自動的に判定できるようになったと、ECサイト運営の健全化を実現しました。

不正注文を防止するAI与信審査「at scrore」

この記事では、ECサイト運営における与信管理の大切さを解説しました。与信審査はAI技術で自動化できる時代となってきており、ツールを導入するだけで、自動的に結果を通知してくれます。

また、転売やアフィリエイト報酬を目的とした不正注文もAIが自動検知してくれるので大変便利です。もし、売上未回収や自社商品の転売問題などで頭を悩ませている方はAI与信審査「at score」を利用してみてください。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です