ECサイトの作り方は5通り!メリット・デメリットを徹底比較!

経済産業省の調査報告書では、新型コロナウイルスの影響により物販系分野のECサイト市場規模が拡大していると述べられています。この記事をお読みになっている方も、ECサイトでビジネスを始めてみたいと思われているのではないでしょうか?

実は、ECサイトの作り方には5つの方法があります。そのため、最適な方法でECサイトを作りましょう。この記事ではECサイトの作り方について詳しく解説します。

ECサイトの作り方(1):ASP

ASP(Application Service Provider)とは、インターネット上のサービスをいいます。ECサイト向けASPにはカート機能や決済機能、配送機能など業務上に最低限必要な機能が搭載されています。そのため、ASPを利用すればECサイトが簡単に作成できます。

メリット

ECサイト向けASPを利用すれば、特別なシステム開発を必要としません。サービス利用登録の手続き後にアカウントが発行されます。アカウントでサービスにログイン後、商品登録を行うだけで、ECサイトが完成します。

ECサイトASPを利用する場合は、月額費用を支払う必要がありますが、リーズナブルな料金体系のため大きな負担にはなりません。

デメリット

ECサイト向けASPは、料金が安くて簡単にECサイトが作成できるメリットがありますが、個別のカスタマイズはできません。

ASPサービス提供会社の機能しか利用できないため、ECサイトの機能を拡張したいなどの要望がある場合は不向きです。外部システムとの連携もできません。サポート体制はサービス提供会社に応じて異なりますが、手厚いサポートは期待できないため気をつけてください。

向いている人

  • ECサイトを作るときに手間をかけたくない方
  • サーバー設定などをしたくない方
  • 規模が小さいEC事業から立ち上げようと思っている方

ECサイトの作り方(2):オープンソース

オープンソースとは、外部に公開されているソースコードを使用してECサイトを作成することをいいます。ソースのダウンロードは無料のため、リーズナブルな価格でECサイトが作れます。

メリット

オープンソースは、外部に公開されている無料配布のソースコードでECサイトを作る方法です。そのため、プログラミングスキルを保有している方であればカスタマイズができます。他システムとの連携も可能です。

スクラッチ開発(1からシステム開発する方法)と比較すると、短期間で開発工程が省略化できるため短期間で開発できます。

デメリット

オープンソースは、ソースコードを編集したり、サーバーを立ち上げたりする必要があります。そのため、プログラミングやITに関する知見が求められます。また、サーバーの運用保守なども自分で行わなければいけません。

向いている人

  • プログラミングスキルがある方
  • システム運用・保守の知見がある方
  • ECサイトの運用費を安く抑えたい方

ECサイトの作り方(3):パッケージ

パッケージとは、ECサイトに必要な機能が搭載されたシステムのことをいいます。パッケージの提供会社と契約することで、システムが利用できるようになります。

メリット

パッケージはオープンソースの作り方に似ています。オープンソースとの違いは、ソースコードを無料でダウンロードするか、提供会社からダウンロードするかです。

パッケージ利用料はかかりますが、保守運用のサポートが受けられます。希望をすれば、カスタマイズも依頼が可能です。そのため、プログラミングスキルがなくてもオリジナルのECサイトが作れます。

デメリット

パッケージは、ASPやオープンソースと比較するとコストがかかります。フルスクラッチの開発方法に次いで開発コストが高いです。また、パッケージは年1回程度はアップデートする必要があります。アップデートにも費用がかかるため気をつけなければいけません。

向いている人

  • オリジナルのECサイトを作りたい方
  • サポートサービスを受けたい方
  • 自社サーバーで情報管理したい方

ECサイトの作り方(4):クラウド

クラウドとはプラットフォームを用いてECサイトを作ることをいいます。パッケージとの違いは、ECサイトの情報を自社サーバーに置くか、クラウド上に置くかの違いです。

メリット

クラウド上でECサイトを作成すれば、提供会社の運用保守がスムーズに受けられます。トラブルが発生したときは、提供会社がリモートでトラブルの原因を確認してくれます。そのため、ECサイト運用の強化が図れます。また、サーバーにインストールする必要がないため、その分のコストが抑えられます。

デメリット

クラウド上にECサイトを作成する方も増えてきましたが、セキュリティ面が安心とは限りません。自社サーバーと比較するとセキュリティ面は弱くなってしまいます。

向いている人

  • サポートサービスを利用したい方
  • カスタマイズをしたいと思っている方
  • 品質が良いECサイトを低コストで作りたい方

ECサイトの作り方(5):フルスクラッチ

フルスクラッチは、ECサイトを1から作る方法をいいます。完全オリジナルで開発できるため、機能もデザインもカスタマイズ自由自在。世界で1つのECサイトが開発できます。

メリット

フルスクラッチのメリットは、完全オリジナルのサイトが作成できることです。また、ECサイトの情報を全て自社で管理するため、PDCA回しやすいというメリットもあります。PDCAで回していき事業拡大を図る企業も多いです。実際にユニクロやZOZOのサイトは、フルスクラッチで開発されています。

デメリット

フルスクラッチのデメリットは、1から作成するためコストがかかることです。5つの方法の中でも最もコストがかかります。どのようなECサイトを作成するかにもよりますが、数億円程度かかる場合もあります。また、導入まで年単位の期間が必要となる場合も多いです。

向いている人

  • 完全オリジナルのECサイトを作りたい人
  • 自社でECサイトを管理したい人
  • ECサイト作成にコストがかけられる人

ECサイトを作る場合は不正注文対策をしよう

ECサイトを作る場合は不正注文対策を忘れずにしておきましょう。近頃は、スキミングやなりすましの不正手口による不正注文が増えています。不正注文の被害に遭った場合は、商品が元に戻ってこず、請求金額を返金しなければいけません。ECサイト事業者に損失が出るため、不正注文の対策をしておきましょう。

不正注文対策に関しては「不正注文を防止するための与信管理はAI技術で自動化する時代へ」を参考にしてください。

まとめ

今回はECサイトの作り方をご紹介しました。ECサイトの作り方には「ASP」「オープンソース」「パッケージ」「クラウド」「フルスクラッチ」があります。各方法にメリット・デメリットがあるため、どの方法でECサイトを作るかを良く検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です