ECサイト作成はASPサービスを利用すれば簡単!おすすめASP5選

ECサイト作成の方法には、さまざまな方法があります。その中でも、簡単にECサイト作成できる方法が「ASP」です。ASPとは何なのでしょうか?この記事では、ASPについて詳しく解説します。また、おすすめサービスまでご紹介します。ぜひ、ECサイト作成を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

ECサイト作成ができる「ASP」とは

ASP(Application Service Provider)は、Webサービスを提供する事業者を指します。ASP事業者のサービスを利用すれば、誰でも簡単にECサイトが作成できることが大きな特徴です。

メリット

ASPを契約すれば、プログラミング知識がない方でも簡単にECサイトが作成できます。近頃はクラウドサービスが増えているため、サーバーを設置する必要もありません。契約後にすぐにECサイトが運営できます。

また、サポート体制が整っており、定期的にサービスがアップデートされるのもメリットと言えるでしょう。

デメリット

ECサイトをASPで作成すると、基本的にカスタマイズが行えません。ASPの基本機能を活用すれば、ECサイト運営で困ることはないでしょう。しかし、自社オリジナルの機能を搭載したいなどの要望はASPで実現できません。

また、ASPは売上金額の数%が手数料で引かれます。売上が高くなるにつれて、手数料の負担が重たくなることもデメリットです。

ECサイト作成ができるASP5選

ASPを活用してECサイト作成したい方もいるのではないでしょうか?次にECサイト作成ができるおすすめのASPをご紹介します。

BASE

(出典元:https://thebase.in/

BASEは、初期費用と月額費用0円でECサイトが作成できるASPサービスです。アカウント登録すれば、最短で30秒でECサイトが立ち上がります。商品登録するだけで、ECサイト運営が開始できる手軽さが魅力となっており、現在150万店舗のECサイトがBASEで作成されています。

サービス名BASE
初期費用無料
月額費用無料
手数料決済手数料:3.6%+40円
サービス利用料:3%

カラミーショップ

(出典元:https://shop-pro.jp/

カラミーショップは、GMPペパボ株式会社が提供するASPサービスです。国内最大級のASPサービスとして知名度を誇り、月額費用と決済手数料が割安なことが大きな特徴となっています。そのため、売上高が伸びてもECサイト運営費が抑えられます。また、ECサイトにアプリを追加していけば、ECサイトの成長に応じた施策が打てることもカラミーショップの魅力です。

サービス名カラミーショップ
初期費用無料
月額費用3,300円~
手数料決済手数料:6.6%+30円 ※売上高により変動する

サブスクストア

(出典元:https://subscription-store.com/

サブスクストアは、サブスクリプションビジネスの実施に特化したASPサービスです。サブスクリプションサービスに必要な販売・顧客・入金・在庫管理などの販売情報を一元管理できます。

他のASPサービスと比較すると料金は高めに設定されています。しかし、サブスクリプションサービスの提供方法のノウハウは得られることが大きな特徴となっているサービスです。

サービス名サブスクストア
初期費用69,800円~
月額費用49,800円~
手数料

ecforce

(出典元:https://ec-force.com/)

ecforceは、単品通販・定期購入などD2Cを得意としたASPサービスです。D2Cの先駆けのASPサービスとして多くの企業の運営支援をサポート。ecforceを活用して、月商1.5億円を稼ぐショップも登場しています。

商品企画や開発、物流、コールセンターなど幅広いサポートを提供しているecforceであれば、規模が拡大したときも安心してECサイトが運営していけるでしょう。

サービス名ecforce
初期費用148,000円~
月額費用49,800円~
手数料30円/1受注

リピスト

(出典元:https://rpst.jp/smp.php

リピストは、定期購入・頒布会カートに特化したASPサービスです。リピストは、EC事業者の売上支援サポート体制が整備されています。

また、ECサイトを立ち上げたときの商品登録などの代行業務をお任せできることもリピストの大きな特徴です。そのため、本格的な通販事業者だけではなく、初心者の通販事業者も安心してサービスを利用できます。

サービス名リピスト
初期費用29,800円~
月額費用14,800円~
手数料10円/1受注

ECサイト作成時に不正対策ツールを導入しよう

ASPサービスを利用すれば、ECサイトを簡単に作成できます。しかし、ECサイト上の不正対策も合わせて行っておきましょう。近頃は「なりすまし」等の不正注文が相次いでいます。

不正注文の被害を受けたら、配送商品が手元に戻らないまま、請求金額が振り込まれずにEC事業者は大きな損害を受けることになります。そのため、不正対策ツールを導入して、不正注文を検知する必要があるのです。

そのため、ECサイト作成時に不正検知ツールも同時に導入しておきましょう。

まとめ

今回は、ECサイトを簡単に作成できるASPサービスをご紹介しました。ASPサービスでECサイトを立ち上げるとカスタマイズができません。しかし、さまざまなサービスが登場しているため、要望に見合ったASPサービスを利用すればカスタマイズの必要性を感じずに済むでしょう。

ECサイト作成に必要なプログラミング知識がなくても、簡単にECサイトが作成できます。そのため、ECサイト運営に興味を持っている方は、ASPを活用してECサイト運営を始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です